« 豪傑 | トップページ | スキヤキとウエスタン »

十年目の「天草四郎」

 上下巻2冊に分かれた本があったとき、上巻を読んでから下巻を読むまでに、ふつうどれくらいの期間を空けるでしょうか。続けてすぐ読みにかかるというのが、ほとんどかと思います。私は「魔界転生」の上巻を読んでから、下巻を読み終えるまでに、実に10年以上の歳月を要しました(笑)。

 理由は、上巻を読み始めたのが小学生の時で、言葉や物語が小学生には難解すぎたせいで、かなりの時間をかけてなんとか読みきったものの、その後ほどなくして、深作版映画「魔界転生」→石川版漫画「魔界転生」の順番で鑑賞してしまったため、一応の物語の完結に満足してしまった、というものです。

 おかげで十年間、「魔界転生」のラスボスは天草四郎と信じるはめになりました。また、石川版には原作と同一の章題・「転生のとき」というのがあったため、初めて原作の下巻を読んだ時は、石川版と同じ展開になるのではないかとハラハラしたものです。

 そして十年経って、自己の中で完結した原作「魔界転生」は、私の想像を大きく上回る面白さで幕を閉じたのでした。「魔界転生」はいままで何度もメディア化され、天草四郎はその中のどの作品でも重要な役割(もう一人の主役みたいな)を与えられてきましたが、私の中で天草四郎が原作を上回るキャラクターとなりえた作品は、いまだありません。

 原作には転生前の描写がなかったのが良かったのかもしれません。敬虔なクリスチャンからの転身、あの香炉銀四郎を凌ぐ糞餓鬼っぷり、「ちちははの めぐみもふかき 粉河寺」と謳いながらお品に狼藉を働く四郎、十兵衛との対決の情けなくも意外な決着、末期の悪態・・・最後まで悪役を貫き通したのは、ある意味爽快とも言えます。一冊の小説の主人公ともなりえる天草四郎に、悲劇性をこれっぽっちも持たせなかったのは、この後に続く十兵衛の苦悩や悲哀を際立たせるためだったのでしょうか。

|

« 豪傑 | トップページ | スキヤキとウエスタン »

山田風太郎」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

魔界転生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豪傑 | トップページ | スキヤキとウエスタン »